優良企業だから安心

磨いても汚れが落ちない!水回りのリフォーム

3年前に、水回りを中心にリフォームすることになりました。

築40年にもなるとあちこちガタが来ていて、
DIYなどでどうにかなるものではなかったのです。

特に台所は酷い状態で、床や天井は染みだらけ、
システムキッチンも機能低下している所もあり、
磨いても汚れが落ちない状態でした。

バスルームにしても、カタログだけでは
中々イメージが湧かないので、
何軒かのメーカーを周ることにしました。

メーカーではショールームがありますから、
色合いやサイズなども把握でき、
又スタッフさんが丁寧に設備などを教えてくれます。

ちょっと面倒でも、大事な家のことですから
自分からメーカーなどに出向くのが大事です。

汚い!ヤニだらけの部屋をリフォーム

リフォームとよべるものかどうかわかりませんが、
先日11畳の居間のクロス張り替えを業者さんに依頼しました。

23年前に新築でマンションを購入。

今となっては訪れる友人も減り、
子供たちも大きくなったので
部屋がとっ散らかるなんてこともなくなりました。

購入当時は喫煙などにもさほどうるさくなくて
友人たちと家飲みをした時などは
何人もの人が煙草を普通に吸っていました。

そのせいか壁紙は黄色く変色し
『いつ張り替えをするか』と悩んでいたものです。

マンション購入後23年たった今、
やっとリフォームが実現したわけです。

実は12年前に私が下の娘の出産で入院している間に
夫が息子と二人でクロスをペンキ塗りをしていたことが原因で、
今回のクロスの張り替えがものすごく困難なものになっていました。

そのことを作業の途中で業者さんに指摘され、

平謝りの私でした。

水周りを中心にしたリフォームのタイミング

建売で購入した住宅も15年を経過し、
水周りを中心にしたリフォームのタイミング。

色々リフォームしたい箇所はありましたが、
購入時よりシステムキッチンに妻が不満を持っていた事もあり、
ダイニングキッチンを優先的にリフォームする事にしました。

いざリフォームするとなると、
信頼できるリフォーム会社が中々思い浮かばず、
日常的に比較的付き合いの深いガスの代理店経由で行う事にしました。

フローリングの張替え、壁や天井の張替え、
システムキッチンの入れ替えと、
全面リフォームで費用も掛かるため、
安さを追及する事より、
信頼できる業者さんを選ぶ事を重視しました。

システムキッチンは実際に
メーカーのショールムに連れて行ってもらい、
選定さる様に段取りして下さったり、
お蔭で満足できるリフォームを行う事ができました。

お風呂リフォームが長すぎた

私が小学生の頃、お風呂のリフォームをすることになりました。

お風呂の水栓が壊れて、
うまく排水ができなくなってしまい、
お風呂を入れたり排出できなくなってしまったのです。

なので業者さんに頼みました。

そしたら、1ヶ月ほどかかると言われてしまいました。

その間は近くの銭湯に通っていました。
私の家の風呂は、道路側に1番近く面しているところなので、
家に帰る時作業してるところが見えて面白かったです。

結構お金がかかったと言っていました。

今はユニットバスなので最短で工事が終わります。
早くなったのです。

雨漏り 原因

今年は梅雨に雨があんなに降らなかったのに
梅雨明けして夏になったら、雨風が強い

バケツをひっくり返したような雨が降るので
今まで雨漏りしてない家でも雨漏りが続出している様子です。

雨漏りの原因としては
雨が横から吹き付けるので家の中に水が入った。

想定以上の量が降ったのであふれた。
掃除がしてないのでドレインが詰まっていて
そこに大雨が降ってあふれて漏水という
なんとも情けない例も多いのです。

家のせいではなく掃除しなかったせいかもしれませんが
掃除しないと漏るなんて知らなかったと
たいていの場合言ってしまうのです。

それと一緒で定期的に家のメンテナンスをしていればよいのに
ほったらかしで老朽化したなんてこともあります。

壁や屋根は定期的に点検してリフォームがおすすめ
雨漏りすると中の壁紙とかもダメになるので
そうなる前に直しておきましょう。

リフォーム 見積もり

リフォームを見積もりするときは
数社に見積もりした方が良いです。

まずは知り合い

知り合いの紹介

そしてインターネットの比較サイト
すべてに依頼して初めて相場が見えてきます。

自分の依頼するリフォームの平均値がわかるのです。

見積もりは複数に取らないと損します。

リフォームの見積もりの時

リフォームの見積もりの時は、おおよその費用を知るために、
複数のリフォーム、リノベーション会社に見積もりを依頼します。

続いて、持家でないときには物件探しが始まります。
不動産は狙った土地のエリアの地元だと掘り出し物物件があることがあります。

やすかろう、悪かろうというときもあるので、
特に割引率を高くいうところは信用できません。

インターネットで比較サイトを使うと
少ない労力で多くの見積もりを得ることができます。

リフォーム ショールーム

昔はすべてリフォームと言っていましたが、
数年前からリノベーションという言葉もよく使われるようになりました。

壁紙のリフォームや間取りの変更がない計画はリフォーム
間取りから劇的な変化があるのがリノベーションです。

リフォーム会社を選ぶときは、
モデルルームやショールームに行って、
実際に部屋に入って、間取り、設備などを確認するのが良いです。

打ち合わせするときもモデルルームだと
リノベーション、リフォームなどのイメージも考えやすいです。

ない場合でも、キッチンメーカーや建材メーカーが
モデルルームを持っているのでショールームを使うのも良いです。

リノベーションとは

リノベーションとはリフォームと違うものでしょうか?

基本的に間取り変更、外壁補修、
冷暖房換気設備更新、
給排水設備更新などの大規模工事をリノベーションとしています。

マンションはリノベーション使用とすると
構造体はいじれないので
一戸建てよりも制約されることは多いのですが、
できないことはありません。

一般的にはリフォームは間取りの変更など
大掛かりな改築ではなく改装の意味合いも多く

元の形が分からないぐらい変わるのが
リノベーションといったイメージがあります。

リノベーションのほうがリフォームよりも価格は高く
見積もり費用も大掛かりなものになります。

リフォームで中古物件の資産価値をあげる

リノベーションを依頼する会社が決まったら、
その会社が行っている相談会に参加します。

写真や文字だけでは不安

リアルな竣工物件を見せてもらうのが一番です。

チェックするとより効果的です。

リフォームは中古マンションや
中古の住宅を新品に生まれ変わらせます。

不動産を持っている人にかかる税金、不動産をリフォーム、
リノベーションして建物の資産価値があがれば、
その分税金も高くなります。

ですからお金の管理はしっかりとしたいところ

会社によって、大雑把な見積もりを出すところ、
細かく明細まで記載してあるところがあります。

複数の会社に見積もりを取ることで平均した相場を知ることもできます。

中古物件もエリアを広げて検討範囲にいれれば
かなり物件選びの幅が広がると思います。

最近の投稿

カテゴリー

家の間取り集

アーカイブ

ブックマーク

  • SEOブログパーツ